乳児ボツリヌス症にご注意ください

2017年4月10日

1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないでください

~乳児ボツリヌス症にご注意ください~

乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、蜂蜜など、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品を与えるのは避けてください。

 

 

 

 

 

東京都内で蜂蜜の摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

 

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞(がほう=耐久性の高いカビの胞子のようなもの)が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。

芽胞は、100℃程度では、長い時間加熱しても殺菌できません。1歳未満の乳児は食べないようにしましょう。

 

 

 

 

潜伏期間 3日から30日と長いのが特徴

 

 

症  状 便秘が数日間続き、全身の筋力低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等、筋肉が弛緩することによる麻痺症状が特徴。重症例では、呼吸困難になる場合がある。

 

 

 

 

※乳幼児の場合、食中毒菌の種類によってはほんの少しの細菌数で中毒が起こる場合があります。

 

生卵、生レバー、刺身など生のまま加熱なしに食べる食品は、乳幼児に与えないようにしましょう。

 

お問い合わせ

健康福祉課
電話:087-876-1113