水道管の凍結破損にご注意ください

2017年1月13日

 冬場、気温が氷点下4度(-4℃)以下になると水道管の中の水が凍結しやすくなります。水道管が凍結すると、蛇口から水が出なくなるだけでなく、水道管が破損する(割れる)ことがあります。

 

★次のような場合には特に注意が必要です

 ●屋外にむき出しになっている管

 ●家の北側にあり、日陰にある管

 ●風当たりの強い場所にある管

 

★凍結を予防するには次のようなことができます

 ●屋外でむき出しになっている水道管には市販の保温材(発泡スチロール製など)や厚手の布を巻き付ける

 ●外気が直接当たらないよう段ボールなどで囲む

 ●屋外の水栓をタオルなどで覆う

 

★水道管が破損したときは

 ●メーターボックス内にあるバルブ(止水栓)を閉めてください

 ●応急措置として破損した部分に布かビニールテープを巻いてください

 ●給水装置はメーターを除いてお客さまの所有であるため、破損した場合はお客さまが修理費用を負担しなければなりません。修理は、町指定の給水装置工事事業者へご連絡をお願いします

 給水装置工事事業者名簿.pdf(385KB)

 

★水道管が凍結したときの応急措置

  ●蛇口を開けて、凍結した部分にタオルを巻きつけ、蛇口の方からぬるま湯をゆっくりとまんべんなくかけてください

 

【 応急措置を行うときの注意点 】

★急に熱湯をかけると、水道管が破裂したり、ひび割れをおこす恐れがあります。

★凍結により水道管が破損している場合、解凍により漏水が発生しますので、事前に破損の有無をご確認ください。

 

 

 

お問い合わせ

水道課
電話:087-876-2658