国民健康保険税(均等割・世帯割)の軽減制度

2016年4月28日

低所得者に対する国民健康保険税(均等割・世帯割)の軽減制度

 

世帯の前年中(1月1日から12月31日)の所得が、国の定める所得基準を下回る場合、均等割額及び平等割額が軽減されます。

 

 

対象となる世帯

 

世帯主と世帯主以外の国保加入者の所得の合計額が、軽減判定基準額以下の世帯が対象となります。

ただし、所得の申告がない場合、軽減が受けられないことがあります。

 

 

軽減の内容と計算方法

 

その年度の国保税の均等割額(加入者に応じてかかる金額)と平等割額(各世帯ごとにかかる保険税)を7割、5割、2割のいずれかの割合で減額します 

 

軽減割合 軽減対象となる世帯の所得基準
7割 330,000円(基礎控除額)
5割 270,000円×被保険者及び特定同一世帯所属者数+330,000円(基礎控除額)
2割 490,000円×被保険者及び特定同一世帯所属者数+330,000円(基礎控除額)

 

※被保険者数及び特定同一世帯所属者数は、年度初め(4月1日)の国保加入者の人数を用います。

 年度の途中で国保に加入した世帯の場合には、その加入日の国保加入者の人数を用います。

 なお、国保税における年度は、4月から翌年3月までです。

 

 

 

 

お問い合わせ 

 

 

税務課 087-876-5284

 

保険年金課 087-876-1593

関連記事