ひとり親家庭等医療費支給制度

2016年8月1日

ひとり親家庭等医療費支給制度

平成28年8月より助成方法が「償還払い」から「現物給付」に変更になりました。

 

綾川町内に住民票があり、医療保険に加入している方で、ひとり親家庭の親と子などを対象に、健康保険が適用になる医療費(自己負担分)の助成を行います。ただし、本人や同居の家族の所得が一定基準を超える方は、助成を受けられません。

 

対象となる方

所得制限以下の方で、次に該当する方


  • 母子家庭の母と児童
  • 父子家庭の父と児童
  • 父母のない児童
  • 父母のない児童(弟、妹)を扶養する姉兄など

※児童の対象年齢は、原則として18歳に達した日以後の最初の3月31日までです。

※お子様が子育て支援医療費支給制度の助成を受けられている場合、小学校就学よりひとり親家庭等医療への申請が必要です。

 

手続きの方法

新しく対象となる方は、手続きに必要な書類を添えて、役場保険年金課または支所住民係で手続きをして、受給資格者証の交付を受けてください。

 

手続きに必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 振込先通帳
  • ひとり親家庭などを証明するもの(児童扶養手当証書など)
  • 住民税所得・課税証明書(転入などで綾川町に課税情報がない方)

 

医療費受給資格交付申請書.pdf(94KB) 

 

助成の範囲

保険診療の自己負担額(高額療養費、附加給付金、入院時食事(生活)療養費に係る標準負担額は除く)を助成します。

※交通事故などの第三者行為による医療費、学校内での傷病などで日本スポーツ振興センター災害給付制度が適用される医療費は助成対象外となります。

 

病院などにかかるとき

★県内の病院にかかるときは、医療機関の窓口で健康保険証と綾川町医療費受給資格証を提示してください。入院時食事療養費に係る標準負担額及び自費診療分以外は無料で受診できます。

※一部保険の種類により立替払いとなる場合があります。

★県外の病院にかかるとき、接骨院等は、立替払いとなりますので、健康保険証を提示して、自己負担額をお支払ください。

 

 

医療費の請求

県外の病院にかかったり、県内の病院で綾川町医療費受給資格証を提示しないで自己負担額を支払ったときは、かかった医療機関等で、医療費支給申請書に1ヶ月単位で証明を受け、役場保険年金課または、支所住民係に提出してください。

 

 

医療費支給申請書(子・ひ・重).pdf(78KB)

医療費支給申請書(接骨院等).pdf(71KB)

お問い合わせ

保険年金課
電話:087-876-1593