住民登録

2011年7月22日

住民登録

住民票は、みなさんの住所や転入・転出状況、家族構成などを記録・証明するもので、選挙人名簿、就学、国民健康保険、国民年金、介護保険などの行政サービスの基本となるものです。住所の異動があった場合には届出が必要です。

 

住民登録の届出一覧

種 類こんなとき届出人届出期間必要なもの
転入届

他の市区町村から引っ越してきたとき

※住基カードをお持ちの方へ

本人または世帯主 転入した日から14日以内

●印鑑

●転出証明書

●年金手帳(国民年金加入者のみ)

●身障手帳(交付を受けている人)

外国から引っ越してきたとき

●印鑑

●パスポート

●戸籍の全部事項証明(戸籍謄本)および戸籍の附票

転居届 町内で引っ越したとき 本人または世帯主 転居した日から14日以内

●印鑑

●被保険者証(国民健康保険加入世帯)

●後期高齢者保険者証

●身障手帳(交付を受けている人)

●福祉医療受給者証(受給者のみ)

転出届

他の市区町村に引っ越しするとき

※住基カードをお持ちの方へ

本人または世帯主 転出の日までに

●印鑑

●被保険者証(国民健康保険加入世帯)

●後期高齢者保険者証

●介護保険被保険者証(加入者のみ)

●印鑑登録証(登録者のみ)

●身障手帳(交付を受けている人)

●福祉医療受給者証(受給者のみ)

世帯変更届 世帯主が変わったとき、世帯を分けたり、一緒にしたりしたとき 本人または世帯主 変更があった日から14日以内

●印鑑

●被保険者証(国民健康保険加入世帯)

※上記の届出の際には本人確認のために、運転免許証やパスポートなどの官公署が発行した写真入りで有効期限内の本人確認書類をご持参ください。写真入りのものがない場合は、官公署が発行した有効期限内の本人確認書類であれば代用できます。

住民票写しの請求

第三者(代理人)及び同一世帯員でない者が住民票等を請求する場合などには、委任状が必要です。

 

住民基本台帳カードの交付

希望者の申請によって交付します。カードは写真入りと写真なしの2種類がありますので、どちらかを選んでください。なお、写真入りのカードは本人確認書類としてご利用いただけます。

必要なもの 印鑑、運転免許証やパスポートなどの官公署が発行した写真入りで有効期限内の本人確認書類(お持ちでない場合は写真なしの本人確認書類)、写真1枚(4.5cm×3.5cm)
有効期限 10年(本人の死亡や町外に転出した場合には失効します。)

便利で安全!身分証明書には住基カードが最適です

「住基カード」を取得するには

住基カードは、ご希望の方に対してお住まいの市区町村から交付されます。次にあげる必要書類と市区町村が条例で定める手数料(500 円程度が一般的ですが、無料としている市区町村もあります)をお持ちのうえ、お住まいの市区町村の窓口に交付申請してください。

 

■必要な書類をそろえて、役所に提出しましょう

住基カード

 

■まずは、お住まいの市区町村にお問い合わせ下さい

総務省や地方自治体では住基カードに関する相談窓口を設けています。

お住まいの市区町村にお問い合わせ下さい

 

具体的な受付手続きについて

必要書類等の準備ができたら、お住まいの市区町村の窓口へお出かけください(住基カードの申請の際には運転免許証等の本人確認書類が必要です。運転免許証の自主返納をお考えの方は、住基カードの交付手続きを済ませてから運転免許証の自主返納をしていただくと手続きがスムーズです)。

住基カードの申請

※広報誌「総務省」11月号からの出典

 

住民票の写しの広域交付

住民基本台帳カードまたは免許証など本人確認ができる書類(写真入りで公的な証明書に限ります。)を提示していただくと、全国のどこの市区町村でも本人や世帯の住民票の写し(本籍表示を省略したもの)の交付が受けられます。

住民基本閲覧11.pdf(109KBytes)

お問い合わせ

住民生活課
電話:087-876-1114